交流の広場

街道を歩く

第2話 五日市と秋川街道

▲桜の名所「都立小峰公園」
  八王子道はこの辺りを通っていた

 秋川街道は古くは「八王子道」と呼ばれ、現在も青梅市・五日市町・八王子市を結ぶ重要な生活道路としての役割を果たしています。

 五日市は、近世の時代から木炭などの市場として賑わいを見せていました。そして、当時の五日市が経済的取引で深い関係を持ったのは、江戸と並んで
八王子でした。また、五日市の住民の一般生活における経済圏も、その後に発展した立川や福生ではなく八王子に属していました。そのため、当時から八王子道は人の往来が途絶えませんでした。

 五日市と青梅とは、当時から「青梅道」で結ばれていましたが、関係は比較的薄かったようです。この関係が深くなったのは、明治以降の「西多摩郡」という行政区画が確立してからとなります。そして、この「八王子道」(八王子市本郷横町)と「青梅道」(青梅
市住江)をつなぎ、当時とは多少ルートが異なりますが、現在の秋川街道が誕生したのです。

▲新小峰トンネル 
  当時は小峰峠が街道一の難所だった
     ▲青梅市住江交差点
       秋川街道はここから始まる