交流の広場

野鳥の里「春夏秋冬」

第27話 感情表現豊かな冬鳥「カシラダカ」

▲地面をチョコチョコ歩いて草の実をついばむ
 写真提供 : (財)日本野鳥の会 岩崎 和男 様

≪カシラダカの特性≫
分 類
 スズメ目ホオジロ科
全 長
 約15p(スズメと同じくらい)
特 徴
 @背部は茶褐色、腹部は白い。
 A頭頂部に「冠羽」があり、興奮
   すると逆立つ。
 B地鳴きは一声で「チッ」「チッ」
   さえずりは「ピーピーチョピピ
   チョーピーピーチョチョ!」   
生息地
 河原・低い雑木林・畑・市街地など
採 餌
 草木の種子・昆虫類


さえずりを聞いてみる♪ 
※再生には「Windows Media Player」が必要です。
 日本に渡ってくる冬鳥の代表格である「カシラダカ」。夏場はシベリアから欧州にかけての高緯度地域で繁殖し、毎年10月頃から日本や朝鮮半島、中国、東南アジアなどで越冬します。

 背中が地味な茶褐色であるため、目に留まってもスズメやホオジロと混同されてしまいがちですが、冬場は本州以南の河原や低い雑木林、畑、市街地などに広く生息し、西多摩地域でもよく見られます。体長はスズメとほぼ同じで約15p。興奮すると頭頂部にある「冠羽」が逆立つことが大きな特徴で、「カシラダカ(頭高)」の名前もここから付けられました。スズメやホオジロにはこうした冠羽はなく、またカシラダカは腹部が白いことから見分けることができます。

 カシラダカは、通常数羽から数百羽の群れをなして行動します。草木の種子や昆虫を主食とし、田畑などに大群で降り立つと、一斉に各自前進しながら餌をついばんでいく姿がよく見られますが、驚くとそれぞれバラバラな方向へ飛び立つことから、群れとしてのまとまりは比較的弱いようです。

 春先にはヒバリのさえずりに似たカシラダカのコーラスが、林の中などから盛んに聴こえてきます。そして5月頃、カシラダカは北方の繁殖地を目指し飛び立ちます。