交流の広場

野鳥の里「春夏秋冬」

第38話 夫婦の絆を大切にする水鳥「オオハクチョウ」

▲伝説や神話、音楽にも多数登場するオオハクチョウ
 写真提供 : (財)日本野鳥の会 岩崎 和男 様

≪オオハクチョウの特性≫
分 類
 カモ目・カモ科
全 長
 約140p
特 徴
 @全身白色で雄雌同色。若鳥は
  灰色をしている。
 A水底の草などは、逆立ちして長
  い首を水中に突っ込んで食べる。
 B水上や地上、または飛びながら
  「コォーコォー」と鳴く。 
生息地
 河川・内湾・湖沼・水田など
採 餌
 植物食が中心(水草の葉・茎・根・
 種子・果実など)

さえずりを聞いてみる♪ 
※再生には「Windows Media Player」が必要です。
  国内で見られる野鳥の中では最大級にして最重量級の「オオハクチョウ(大白鳥)」。オホーツク海の北方、針葉樹林が広がるユーラシア大陸のタイガ地帯で繁殖し、冬期は食料を求め、およそ3千qの道のりを約2週間かけて渡来します。毎年10月以降に約3万羽が北海道から東北、北陸地方にかけて渡来しますが、近年、多摩川流域にも数羽飛来したことが確認され、ニュースになりました。

 国内では、オオハクチョウより一回り小振りなコハクチョウ(小白鳥)も見られます。身軽なコハクチョウは、オオハクチョウより約1千q北方の北極圏ツンドラ地帯で繁殖する一方、冬にはより南方まで渡って来るため、移動距離は4千q以上になります。

 いずれにしても「ハクチョウ」は夫婦の絆が大変強く、つがいになると一生同じパートナーと生活を共にします。冬の終わりとともに一斉に群れが飛び立っても、傷ついて飛べなくなったパートナーに付き添って一緒に居残ったという話も珍しくありません。

 童話『みにくいアヒルの子』の主人公でもあるハクチョウ。子供の頃は全身灰色をしていますが、大人になるに連れて誰もがあこがれる真っ白な美しい水鳥へと生まれ変わります。