交流の広場

野鳥の里「春夏秋冬」

第54話 ウグイス似の引っ込み思案「ヤブサメ」

▲白い眉斑と短い尾が特徴
写真提供:日本野鳥の会 岩崎和男様

≪ヤブサメの特性≫
分 類
 スズメ目・ウグイス科
全 長
 約10.5p
特 徴
 @雌雄同色で、茶褐色で下面は
  淡い色。白く明瞭な眉斑があり、
  尾は短い。
 A日本へは夏鳥として飛来、
  全国各地で繁殖する。
 B鳴き声は非常に甲高い。
生息地
 灌木の茂みなど、藪の中
採 餌
 主に昆虫類、クモ類
※再生には「Windows Media Player」が必要です。

  ウグイスの仲間である「ヤブサメ」は、体長約10pの可愛らしい鳥です。姿も似ているため、 「カワリウグイス」と呼ばれることもあります。漢字では「藪鮫」もしくは「藪雨」と表記され、 藪の中にいる小さな(=さ)鳥(=め)の意とする説と、「シシシシシ」という鳴き声が藪に当たる 雨音のようだからという説があります。一方、馬に乗りながら矢を射る儀式「流鏑馬(やぶさめ)」との関係はないようです。

また、その名の通り「藪」を好み、体色も地味な茶褐色であることから観察することが難しい鳥でもあります。 鳴き声は虫の音と間違われるほど甲高く、その周波数は他の野鳥と比べて2〜3倍も高い8〜10kHz。この域になると、 人間の聴力では聞き取れないこともあるようです。

日本には夏鳥として飛来し、やがて冬が来ると遙か遠くの東南アジアまで大移動するヤブサメ。 その小さな体に逞しいパワーを秘めて、この夏も藪の中で力強く鳴いています。声だけでなく姿も是非見てみたいものです。