交流の広場

野鳥の里「春夏秋冬」

第59話 雄なのに巫女さん?「ミコアイサ」

▲鮮やかな装いで雌にアピール
写真提供:日本野鳥の会 岩崎和男様

≪ミコアイサの特性≫
分 類
 カモ目・カモ科
全 長
 約38〜44p
特 徴
 @ユーラシア大陸の亜寒帯で繁殖
  し、冬季に九州以北へ渡米する。
 A雄は繁殖後に換羽する。
 B番は抱卵前に解消される。
 Cホオジロガモと種間交雑すること
  がある。   
生息地
 
 池、湖沼、河口などの水辺
 
採 餌
 魚類・貝類  動物食傾向の雑食

 

 優雅な白い体に目の周りが黒く縁どられたカモ科の鳥「ミコアイサ」。その名の由来は、白い羽衣が巫女の白装束に似ているからとのことですが、バードウォッチャーの間では、顔がパンダに似ていることから「パンダガモ」の愛称でも親しまれています。
 この愛嬌のある姿は繁殖期の雄だけに見られる特徴ですが、カモ類の雄には、繁殖期の後、一時的に雌に似た地味な姿に変わるものがいます。この時期を「エクリプス」と呼びますが、ミコアイサも越冬のためユーラシア大陸から日本へ渡ってきた晩秋の時期は、雌雄ともに暗灰色で見分けがつきにくくなります。そしてまた繁殖期を迎える頃には、雄は白黒のコントラストが鮮やかなパンダ似の姿へと変貌していきます。
 ミコアイサは、非繁殖期には集団で行動します。いっせいに潜水し、鉤形に曲がった嘴とのこぎり状にギザギザした歯を利用して餌となる魚類・甲殻類・貝類等を捕える姿も見ることができます。また、国内のアイサ類の中では最も小柄で身軽なため、わずかな助走で水面から飛び立つことができます。
 ミコアイサのユニークな姿は、身近には多摩川や皇居のお濠などで見ることができますが、越冬中はほとんど鳴かないので鳴き声を聞けたらラッキーかもしれません。