交流の広場

野鳥の里「春夏秋冬」

第63話 ギネス世界記録の長い舌「アリスイ」

▲枝に水平に止まるアリスイ
 写真提供 : (財)日本野鳥の会 岩崎 和男 様

≪アリスイの特性≫
分 類
キツツキ目・キツツキ科
全 長
 17cm 〜18cm
特 徴
 @横枝に止まることが多い。
 A雄雌同色で喉から胸にかけて
  黄褐色。黒褐色の細かい模様
  がある
 B蛇の真似をして外敵から守る。
 C自分では巣穴を彫らず、古巣
  や巣箱を利用する
生息地
 平地から低木の林、草地等。
採 餌
 蟻を好み、舌で絡め取って捕食。


さえずりを聞いてみる♪ 
※再生には「Windows Media Player」が必要です。
 アリスイ(蟻吸)はその名の通り蟻を好んで食べる野鳥です。キツツキの仲間なのですが、その行動はとても風変り。他のキツツキは幹に垂直に止まりますが、アリスイは一般の鳥のように横枝に止まります。また自ら木を彫ることをせずに、他のキツツキ類が作った古巣を利用したり、人間の作った巣箱を使うこともあります。

 全長一七p程の小柄な体で動作が緩慢なアリスイは、外敵からその身を守るために「擬態」という技を身に着けています。敵が近づいたと見るや、シューシューという音を出して首をクネクネと捻り、なんと蛇の真似をして見せるのです。黄褐色の地に黒い模様のあるその身体は、たしかに蛇のようにも見えますので、敵は驚いて逃げ出すというわけです。アリスイの英名のwryneckとは「曲がった首」という意味で、蛇を真似る時の特徴を言い表しています

  好物の蟻を捕える時は、古木や地面の巣に細長い舌を差し入れ、蟻をからめとるようにします。その舌の長さは約10pもあり、頭の大きさに比して鳥類最大ということで、ギネスブックにも登録されています。

 秋は越冬の為に関東にも渡りに来る季節です。どこかでそのユニークな姿を見てみたいものですね。