交流の広場

野鳥の里「春夏秋冬」

第69話 ちょっと気弱な猛禽類」

▲青空を飛翔するノスリ
 写真提供 : (財)日本野鳥の会 関根 常貴 様

≪ノスリの特性≫
分 類
 タカ目・タカ科
全 長
 雄・約52p 雌・約57cm
特 徴
 @主に本州中部以北で繁殖する
  留鳥
 A雄雌はほぼ同じ黒褐色。羽色
  や模様は個体差がある。
 B雄よりも雌の方が体が大きい。
生息地
 草原、農耕地などの開けた土地
採 餌
 ネズミ、両生類、爬虫類など

さえずりを聞いてみる♪ 
※再生には「Windows Media Player」が必要です。
  ノスリは多摩地区でも比較的容易に観察することができる鷹の仲間です。草原や農耕地など開けた場所を好み、ネズミや蛇などを餌とする猛禽類の一種なのですが、あまりどう猛な印象ではなく、つぶらな瞳はむしろ優しげでカラスに追い立てられることも珍しくありません。

 「ノスリ」という名前の由来は、低空を「野を擦る」ように飛ぶからという説と、韓国語では「スリ」は猛禽類につく名前であることから、「野にいるスリ」が語源であるという説があります。主にネズミを餌とするノスリは、大きな獲物を狙う鷹狩の場では役に立たないため「マグソタカ」などという気の毒な別名もつけられていますが、実際は農作物の敵であるネズミを捕食してくれるので、農村部ではありがたい存在でもあります。

 同じタカ科であるトビとよく似ているため見分けるのが難しいのですが、ノスリはトビよりも一回り小さく、翼の下面が白っぽく見えます。また、尾羽の形が三味線のバチのような形であればトビ、扇を開いたような丸みがあればノスリです。

 「ピィエー」という可愛い鳴き声が聞こえたら、空を見上げてみて下さい。翼を広げて飛翔するノスリに会えるかもしれません。